30代から始めるナイトワーク体験

バイト掛け持ちから

一人暮らしをしていると、お金に全く余裕がなく、いつも質素な暮らしをしていました。バイトをいくつか掛け持ちしていましたが、拘束時間が長く、疲労感で毎日クタクタでした。そんな時にキャバクラの求人を見かけ、「一度やってみようかな?」という気持ちになりました。こういった仕事は若くないと出来ない、稼げるうちに稼いでおこうというのが私の考えです。店長が面接をしてくれたのですが、気さくなおじさんといった感じで安心出来ました。また一緒に働く女の子達も同世代が多く、ドレスを貸してくれたり、メイクのアドバイスをしてくれたり、いろいろと助けてくれました。キャバクラに関して私のイメージは、おじさんと適当に話をするだけといったものでしたが、働き始めてそのイメージも随分と変わりました。とにかくお客様に対して、とことん気の利いたサービスを提供しなければいけないのです。自分が良かれと思っていた事も、お客様にしてみると、全くいらないサービスという事もあり、それを一人一人把握しておかなければいけません。思いのほか神経の磨り減る仕事ですが、ここでしかない貴重な経験をさせて貰ってると思います。