30代から始めるナイトワーク体験

自分を変えたいと思って

女性画像元々、人前に出たり、誰とでも話をすることが苦手だったのですが、自分を変えたいと思っていました。それまでのバイトよりも、もっと良い条件の求人を探していた時に、キャバクラの募集を見つけました。思い切って応募してみたら、何かが変わると思って挑戦してみました。興味はあったけれど、一人ではなかなかできなかったメイクも、プロの方や同僚にアドバイスしてもらいながら、自分に似合うメイクを探しているうちに、とても楽しくなりました。接客も、はじめは失敗ばかりでしたが、周りのフォローのお陰で立ち直り、上達して行きました。急にお金が沢山もらえるようになったので、戸惑った時もありましたが、将来のために貯金をしました。人と接することが苦手な私が、初対面の人とも笑顔で会話できるようになったのは、キャバクラでバイトしたお陰です。お客様や目上の方とのお酒の席では、失礼がないようにできるようになったのも、キャバクラのお陰です。

入学をきっかけに

専門学校入学をきっかけに、親元を離れて一人暮らしを始めました。生活する分の仕送りはしてもらっていましたが、オシャレに費やすお金はありません。勉強の邪魔にならない程度に稼げるバイトが無いかな?と探していたところ、キャバクラの求人を見つけました。子供の頃から「可愛いね」と言われる事が多く、容姿には自信があります。足を踏み入れてしまうと怖い世界ではないだろうか?と少し不安も感じましたが、やはり他のアルバイトに比べると楽に稼げるイメージがあり、思い切って面接を受けに行きました。簡単な面接で「いつから働けるの?」と聞かれたため、「いつでも」と答えると、その日の晩からキャバクラデビューとなりました。最初の頃はドレスを借りたり、ボーイさんに「オススメの新人です」といった感じで手助けをしてもらいました。簡単に出来る仕事だと思っていましたが、改めて接客って難しいなと痛感させられています。お客さんによって話し方や話す内容の好みは違い、それを間違えて大失敗した事もあります。ただ、ここで身に着けた接客マナーは、将来の事を考えても大きな財産となりそうです。

キャバクラのバイトの求人を見つけて働いています

最近、キャバクラのバイトの求人を見つけました。すごく給料が高いのですぐにここで働きたいと思うようになりました。いろいろなお客さんと話すことができる仕事ですし、お酒も飲むことができます。すごく楽しそうだなと思いました。早速面接にいき採用をしてもらい、働くことになりました。今は働き始めてすでに一か月くらいたっていますが、楽しくて仕方がありません。今までも、いろいろなアルバイトをした経験がありますが、このバイトが一番楽しいですしやりがいもあります。たっぷりと給料をもらえるので、もっと頑張ろうという気持ちになることができています。キャバクラで働くようになってから、いろいろな話をお客さんから聞くようになり勉強になることも多くあります。新しい知識を多く詰め込むことができています。お客さんと話すのはすごく楽しいので、この仕事をはじめて本当によかったと思っています。すでにたっぷりと貯金もできていて安心感があります。

無理なく働くことのできるキャバクラ

バイトをやりながら勉強するのは大変で、もっと時給の高い求人がないかを探していました。弁当屋のバイトは、急に休んでしまう人がいると私の所に電話がかかってきました。テスト勉強をしたいと思っても、断れなく無理をしてバイトをする事もありました。時給の高いキャバクラが気になっていたので体験に行くと、良い雰囲気の中で働くことができ自分でもできそうだと思えました。一緒に働く女の子も、同じくらいの年齢なので控室でのおしゃべりも普通にでき楽しかったです。自分の中でキャバクラのイメージが変わり、働いてみようと思いました。覚えることは多かったのですが、ノルマなどもなく気軽に働けました。先輩は一人一人のお客さんの好みや趣味を把握してあり、すごいなと感じました。見えないところで努力をしている姿を知り、自分ももっと頑張りたいなと思いました。自分の働ける時だけシフトをいれるようにしているので、キャバクラのバイトは無理なく働くことができています。

夢を実現しました

劇団の研究生をしていて、昼間は稽古に時間をとられてしまい働けるのは夜間の少しの時間しかありませんでした。少ない時間で高収入を得るための求人バイトを探していたらキャバクラが見つかったので働きました。お金のためだと割り切ろうとしましたが、お客さんだけでなくボーイにも体を触られて泣きたいくらいの辱めに遭いました。嫌でも働かないとお金が稼げなかったので我慢をしていた時、お店の常連さんで大手芸能プロダクションの社長の席にヘルプで呼ばれました。バイトの身分だったのでお酒も飲まず、ただお客さんのおつまみの補充やグラスを拭くことに集中していたら行動が気に入ってもらえたようで、次回から指名を頂けるようになりました。劇団で研究生をしていること・将来は女優になりたいという話をそれとなくしたら、社長が代表を勤めるプロダクションにスカウトをされて現在は新人女優として勉強をしています。思いもよらない出会いがあり、夢に一歩近づけたのはキャバクラで頑張って働いたおかげです。